福岡で生きる日々

地元福岡や博多中心のグルメ情報。モーニングやランチ、行った所や見たものなどのイベントも。

月替わりのお楽しみ 5月のとり田ランチ 柔らか蒸し鶏「シンガポールチキンライス」

ゴールデンウィーク明けに伺うつもりでしたが、行けるタイミングが出来たので予定を変更しました。


f:id:revmemo:20180503055539j:plain
2018年5月
とり田の月替わりランチ
「シンガポールチキンライス」880円(説抜)


f:id:revmemo:20180503095648j:plain
パクチーは三つ葉に変更可能。
パクチー追加にも対応。


f:id:revmemo:20180503100844j:plain
最初に出される水炊きスープと柚子胡椒も楽しみです。


f:id:revmemo:20180503101125j:plain
器も毎回綺麗なんですよねぇ。

タレは最初からかかってますが、追加のタレも一緒に出されます。
基本はそのままで、たまにタレを少しだけかけながら食べました。


f:id:revmemo:20180503095600j:plain

柔らか蒸し鶏と水炊きスープで炊いたご飯、パクチーそしてタレのナンプラー。
このバランスが絶妙で美味しいです。


柔らかく皮のプルプルした蒸し鶏を口に入れるたび「鶏おいしい…鶏おいしい…」と心の中で呟いていました。


その後変動があったかもしれないですが、以前「月替わりランチの1番人気メニュー」だったと聞いたことがあります。

「シンガポールチキンライス」って他のランチメニューと比べるとちょっと馴染みのない料理かと思いますが、一昨年一緒に食べた友人は「エスニック料理はあまり…」と不安がりながらもパクチーを三つ葉に変更して美味しくたべていました。



f:id:revmemo:20180503102839j:plain
期間限定「苺サンデー」350円(説抜)

苺~苺フローズン~アイス~グラノーラ?の層になっていました。
上部分にはクランチも混ぜられ食感の変化も。

最後にさっぱりしたいので苺フローズンを残しつつ食べ進めます。
期間限定みたいなので食べれて良かった~。




来月のメニューも楽しみです。





f:id:revmemo:20180503103824j:plain
↑雨の日はランチの看板も奥まるので注意。



とり田
福岡市中央区薬院2-3-30 CASEビル 1F
092-716-2202
11:30~23:00(lo 21:30)
ランチ 11:30~16:00
※月替わりランチは月曜日~土曜日のみ(日曜日は水炊きランチのみ)
※5/3~5/5は日替わりランチの提供なし
不定休
個室・カウンター席あり


薬院のボンラパス向かいの食パンの店「むつか堂」から路地に入り真っ直ぐ進むとお店があります。
「ボンバーキッチン」「バンビ」のある並びです。
入口が奥まっているので注意。


水炊きもお昼から食べられて店内もこじゃれた割烹という趣なので県外からのお客様をおもてなしするのにも良さそうです。





福岡パルコや博多KITTEのお店では担々麺や唐揚げがいただけます。




とり田

食べログとり田


参加してます。
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
にほんブログ村